とにかく胸に一生懸命かき集めてみたLUNAナイトブラ

大学を卒業して第一希望の会社に入社することができたのでホッとしましたし、職場の雰囲気にも慣れていたので何も不安はなく働いていました。
このままこの会社で長期間働き続けるのだろうと思いましたしそれほど不満に感じることはなかったのですが、博物館に行くようになってから考え方が変わりました。
私が博物館に行くようになったきっかけは仲良くなった職場の同僚が博物館巡りを趣味にしていたことで、私も何度か付き合うようにその面白さに惹かれるようになりました。
毎日ここで働くことができればどんなに楽しいことだろうかと思い少し惹かれたのですが、それでも今の生活を捨てる気にはなりませんでした。
ただ毎日それほど楽しくない仕事を熟していてもあまり面白くないですし、一生に一度の人生なので思い切って学芸員になる決心をしました。
そのためには資格を取得する必要があるので大変で一生懸命勉強しましたが、なかなか難しく直ぐに取得することはできませんでした。
しかし毎日コツコツ勉強した甲斐があり3年目にして漸く学芸員の資格を取ることができたのですが、ここからが始まりなので気を抜かずにいつか博物館で働けるように自分なりに努力をして行きたいと思っています。
ところで今日はもう1つ、LUNAナイトブラに関することも少しだけ紹介しますね。
お肉がないって嘆いてても始まらないので、とにかく胸に一生懸命かき集めます。
さらに眠る前にまだ余裕があれば、胸の下や脇などにはみ出ている脂肪がないかを確認して、全てのお肉をLUNAナイトブラに集めるようにします。
しっかりかき集めたら、今日もう一日お疲れ様でしたということでゆっくり就寝です…ZZZZ~
LUNAナイトブラ
https://www.lunanightbra.com/

 

スポンサーサイト

コメント